ISO 27001

国内や海外でも増えている情報漏えい事件。

自衛隊の機密情報、警察の捜査情報漏えいは、情報セキュリティー対策を考え直すきっかけとなりました。

顧客情報を紛失したり、ウィルスに感染して外部にウィルスをばら撒いたりすれば、企業の信頼は失墜してしまいます。

ISO27001は、企業が保有する情報に関わる様々なリスクを適切に管理し、企業の価値向上をもたらすISMSの国際規格です。

企業の信用と経営力の向上、それに社員モラルの向上と、情報セキュリティーマネジメントシステムは、今後の企業にとって大切な情報を強固に守る体制作りに必要なアイテムです。

どのようなメリットが考えられるでしょうか

  • 対外的な信用の向上が図られます。
  • 大切な『情報』を守る体制が整います。
  • 社員のモラル向上を行う事が出来ます。
    [これは、社員一人一人が自分の扱う情報が会社全体にどのように影響するかを意識するようになり、社員のモラルが向上します。]
  • 経営力の向上を図る事が出来ます。
    [情報の管理体制が確立される事は、各管理者の責任・権限が明確になり、会社全体の視野に立った役割を意識するようになり、組織的な管理体制が強化され、経営力が向上します。]
  • 『情報』を経営資源として行かせるようになります。

情報の機密性(C:Confidentiality)・完全性(I:Integrity)・可用性(A:Availability)の3つのバランスをよくマネジメントする事で、企業が保有する情報資産を効果的に活用する事が出来ます。

今後、情報セキュリティーを有効に活用する企業は、企業価値の向上と飛躍に繋がります。

当社ISO27001
コンサルティングの概要

※ 是非とも、ご検討をお願い申し上げます。

最新ニュース
お見積もり開始

トップへ戻る