ISO 22000

近年、多発する集団食中毒、食品偽造、BSE問題、鳥インフルエンザ等、食を取り巻く環境は、『安全・安心』が最優先課題となってきました。

食品業界では、1990年代半ばからHACCPを取り組む企業が増加し、最近ではISO9001を取得する企業も増えてきました。これまで、食品安全を中心としたISOマネジメントシステムの規格はありませんでしたが、ISO22000は食品安全マネジメントシステムとして2005年に登場致しました。

ISO22000は「農場から食卓まで」のフードチェーンのあらゆる組織を対象とした食品安全マネジメントシステムの要求事項を規定した国際規格です。

もしも、食品事故で裁判になったとき、あなたはその裁判に勝てるでしょうか?

どのように食品安全マネジメントシステムを構築すればよいのでしょうか?

  • 何よりも大切な事は安全性の高い食品工場・環境を作り出す事です。そのためには5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)に2S(殺菌、消毒)を加えた7Sを徹底する事です。
  • 会社全体で、安全意識を高める事、食品安全のルールを明確にし、決められたルールを守り、しっかり教育し、監視項目を監視し、問題点を改善する。このようなシステムを構築すれば良いのです。 これは、HACCPシステム12手順7原則の遵守を意味します。
  • 前提条件プログラムを整理すると共に、食のハザード(危害)分析及びそのリスク評価とフローダイヤグラム(工程図作成)の構築をお手伝いします。原材料の受入から、製造、納品までのプロセスにおける生物的及び化学的、物理的ハザードの分析とリスク評価を行い、食品安全リスクを特定し、管理策を共に考えます。
  • メリットとは何でしょうか?食の安全・安心はお客様や取引先からの要求であり、国際標準の審査を受けて登録・取得する事によって、国内だけでなく国際的にも認められる食品安全マネジメントシステムを保持する事になります。それは、安心して頂ける食品・製品を提供するシステムを持っている組織として認知していただける事を意味します。
  • 安全な食品・製品の提供が出来ます。
  • 安全管理のレベルの向上と安心の提供を行う事が出来ます。
  • 従業員の責任、義務、品質等の意識の向上を図る事が出来ます。
  • リスクアセスメントの強化を行う事が出来ます。
  • CSR(企業の社会的責任)の一貫として取り組むことによって評価されます。

ハザードの種類にはどの
ようなものがあるでしょうか?

当社ISO22000
コンサルティングの概要

※ 是非とも、ご検討をお願い申し上げます。

最新ニュース
お見積もり開始

トップへ戻る