AS9100 (JISQ9100)

マニュアル製造関係
お見積もり開始
AS9100(JISQ9100)とは、米・英・独・日など8カ国のワーキンググループによって開発された航空宇宙産業のサプライチェーンにおける製品品質を確保するためのマネジメントシステム規格の事です。今後、航空宇宙産業は受注が見込まれる中に合って、この規格は、航空機産業へ参入するためには必須の入場券となっています。

この規格はISO9100をベースに、「形態管理」など航空宇宙分野固有の要求事項が追加されています。ISO9100の要求事項に13の要求事項が追加されています。

ボーイング社、ゼネラル・エレクトリック社の航空エンジン部門、ロールス・ロイス・アリソン社、及びプラット・アンド・ホイットニー社では、AS9100(JISQ9100)への登録をサプライヤーに要求しており、今後その要求が強まる事が予想されます。航空宇宙産業向けに部品やサービスを供給する企業様にとって、AS9100(JISQ9100)の認証取得は急務になってくるものと思われます。また、AS9100(JISQ9100)を取得後、Nadcap認証取得をされる企業様も増えています。

ISO 9001 : 2015に追加された航空宇宙業界特有の要求事項

今後の航空・宇宙産業の動向について

航空・宇宙産業に於いては、今後20年後までに倍増が予想されています。

拡大する航空宇宙市場

今後20年後の成長予測(出典:ボーイング社)

ビジネスジェット機の伸長は継続的(出典;ボンバルディア)

JALが三菱航空機に小型機「MRJ」を32機発注(3兆円以上)

このような中でボーイング社及びエアバス社は直接取引の全サプライヤにAS9100(JISQ9100)規格の適合(第3者認証取得)を要求しています。

また、ロールス・ロイス社は全サプライヤにAS9100(JISQ9100)規格への適合 (第3者認証取得)を要求しています。

防衛省も調達品の品質保証としてAS9100(JISQ9100)を採用

NASAも調達品の品質保証にAS9100(JISQ9100)を採用

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は調達品の品質保証要求の一つとして JISQ9100の採用を決定

三菱航空機もJISQ9100認証取得を要求

今後、AS9100(JISQ9100)は必須条件になる事でしょう!

当社コンサルティングの概要

※ 是非とも、ご検討をお願い申し上げます。

AS9100(JISQ9100)

を取得することのメリット

トップへ戻る